ホームトレーニーの為のパーソナルトレーニング

どーも イチです。

 

 

現在、週1コースで通っていただいている新地さん。

 

 

当ジムでの割合は週2、週3コースが最も多く、現在、5名の方が週1で通っておられます。

 

週1コースの方々は週2、週3の方と比較して、セッション回数が圧倒的に少ないことから、様々なアプローチで取り組んでいる方が多数です。

 

 

例えば

 

①セッション以外ではジムで筋トレして、セッション時には自分の希望の部位を行う。

 

②新地さんのように自宅で少ない器具で筋トレするため、セッション時には家で出来る筋トレと出来ない筋トレを行う。

 

③有酸素(マラソンなど)を行っていて、セッション時は全体をまんべんなく鍛える。

 

④完全な初心者でとりあえず、慣らし、お試し感覚。

 

 

実際、身体を変えようと思ったら、④の場合以外は週1は少なすぎるので①~③のようなアプローチが必要になってきます。

 

 

このうちの①の方々は、以前ご紹介した濱里さんを含め、ウエイトトレーニングに関してはレベルの高い方々です。

 

 

②にあたる新地さんは割と稀なケースの為、今回ご紹介させて頂く事になりました。

 

 

こちらは【拍手プッシュアップ】の動画となっております。

 

5kgのダンベルのみご自宅にあるという事でダンベルを使ったインクラインプレス。

 

 

続いて5kgダンベルでのインクラインアームカール

 

 

 

ここからはジムでしかできないトレーニングで非日常の刺激を加えていきます。

 

広背筋狙いのスターナムチンニング(ネガティブのみ)

 

握りをリバースグリップにして上腕二頭筋の関与を大きくしたチンニング(ネガティブのみ)

 

最後に重量を入れたブルガリアンスクワット

 

これには驚かれた方も多いのではないのでしょうか?

 

 

そうです、当ジムでしんどいトレーニングナンバーワンのブルガリアンをこの新地さんはご自宅で25レップ×3セット行っているのです。

 

 

それで今回は初めて重量を入れる事にしました。

 

 

このようにホームトレーニーで器具がなくても筋力向上は望めるのです。

 

 

 

ただ、やるのなら、しっかりした指導を受けながらやるのが遠回りを回避する一番の方法。

 

 

本日はさら強度を上げた、自宅トレーニングの指導と、自宅では刺激しきれない部分をケアしました。

 

 

当ジムならば、その方の環境にあったプログラミングが可能です。

 

 

ホームトレーニーの方も是非、当ジムのパーソナルトレーニングをご検討ください。